注目記事
数学の本を読んでいる少年

有機化学 × 英語をテーマに書いているこのシリーズ。今回は、実験器具数字・グラフメールの書き方をご紹介します。
まとまりのないテーマですが、今まで書いてきたような発表や日常会話のように、単独でボリュームのある内容にできなかったので(汗)まとまったボリュームにならないテーマを集めてみました。
まとまりはないですが、それぞれは今まで通り、きちんと作ってありますので、参考にしてください。

実験器具

実験用のガラス器具類

フラスコ

ナス型フラスコ:Round-bottom flask
よくある間違いが”Eggplant flask”です。「ナス」を英語にすると"eggplant"ですから、気持ちはわからなくはないですが(笑)日本語では「ナス」といいますが英語では全く違います。実験項でもよく出てくる単語です。

Round-bottom flaskは正確には丸底フラスコで、外国ではナスフラスコは使わず、丸底フラスコ(スリ付き)を使うことあります。私が留学した研究室では、スリがついた丸底フラスコを使っていました。

三角フラスコ:Erlenmeyer flask, Conical flask

日本語だと単にマイヤーと言いますが、三角フラスコを開発したドイツ人化学者Erlenmeyer(エルレンマイヤー)が由来となっています。

計量用の器具

シリンジ:syringe

針:needle

ピペット:pipette

特にひねりもないですが、よく使う単語です。パっと出てくるように覚えておきましょう。

ロート類

青色のロート

ロート:funnel

桐山ロート:kiriyama funnel

ブフナーロート:Büchner funnel

分液ロート:separating funnel

ロートはfunnelで、〇〇ロートは〇〇 funnelとそのままです。ロートは使用頻度が高い実験器具ですが、日本語と英語では全く違うので、気をつけましょう。私は留学中に"Where is my funnel?"と聞かれて、何を探しているのかわからず、固まった記憶があります(^_^;)

桐山ロートは日本独自の器具なので、外国の研究室にはありません。留学先の研究室で、固体をとるときはブフナーロートやグラスフィルターを使います。また、ブフナーロートはBuchnerではありません。uにウムラウトが付きます。英語で書くときは気をつけてください。ウムラウトのある文字の書き方はこちらの記事で紹介しています。

その他

クランプ:clamp

ムフ:muff

こちらも有機化学の実験では必須の器具ですね。英語のままなので特に困ることはないでしょう。

スターラー:magnetic stirrer, magnetic mixer

撹拌子:stirring bar

お馴染みのスターラーも基本的にそのままで通じます。撹拌子を「スターラーバー」と呼んでいる研究室も多いですね。

試験管:test tube

試験管立て:test tube rack

天秤:balance

試験管はそのままですが、試験管立ては意外と出てこないのでは?あと、天秤も、いざ英語で言うとなるとなかなか思いつかない単語の一つかと思います。

数学・グラフ

幾何・ベクトル・グラフが書かれた黒板

西暦

西暦は、論文の出版年で時々必要になる表現です。基本は4桁を2桁ずつにわけて言いますが、2000年以降は分けずに言うことが多いです。

nineteen eighty seven : 1987

two thousand ten : 2010
(twenty ten)

小数

収率は整数で表記しますが、計算化学でのエネルギー値であったり、光反応や電極反応での酸化還元電位では小数が出てきます。「○.○」を読むときに、「点」を"point"で言い換えるだけなので、難しくはないです。

forty five point seven : 45.7

zero point two eight : 0.28

分数・指数

有機化学で出てくることは稀ですが、この機に自分も勉強しておきたかったので、載せました。たまに使うこともある表現です。

two over three : 2/3

one seventh : 1/7

one half : 1/2

one third : 1/3

one quarter : 1/4

two and one third : 2と1/3(2と3分の1)

ten to the fifth (power):105(powerは省略可)

three times ten to the sixth : 3 x 106

x to the power of y : xy

その他

偶数、奇数はポスター発表の発表順の説明で出てきます。たまにどちらが奇数でどちらが偶数か迷うこともありますが、evenが偶数で、奇数がoddです。有名な覚え方は”even→4文字偶数、”odd→3文字奇数です。

偶数:even

奇数:odd

積分:integration

指数:exponential

線形:linear

図形・幾何

有機化学ではほぼほぼ必要ない単語ですが、一応載せました。関係あるとするとhexagonくらいですね。

三角形:triangle

正三角形:equilateral triangle

正方形:square

五角形:pentagon

六角形:hexagon

八角形:octagon

円柱:cylinder

三角柱:triangle prism

円:circle

星形:star shaped

グラフ

円グラフ・棒グラフなどの各種チャート

円グラフ:pie chart

棒グラフ:bar graph

散布図:scatter diagram

折れ線グラフ:line chart

横軸:x axis, horizontal axis

縦軸:y axis, vertical axis

原点:origin

実線:solid line

破線:dashed line

スペクトル

超分子や物性を調べる研究で必要そうな言い回しです。

Maximum wavelengths of the compound  are 310 and 365 nm.
その化合物の極大吸収波長は310350 nmです。

UV-vis spectra of synthesized complex are shown in next slide.
合成した錯体のUV-visスペクトルを次のスライドで示します。

The spectrum of compound 1 was consistent with the calculated spectrum.
The spectrum of compound 1 agreed with the calculated spectrum.
化合物のスペクトルは計算したスペクトルとよく一致しました。

メール

パソコン・スマホに届くメール

学年が上がるにつれて、メールでのやり取りが増えてきます。日本語であればなんとなくフォーマルな書き方がわかるかもしれませんが、英語だとフォーマルかどうか判断できないことが多々あると思います。

ここではメールに書いて大丈夫な言い回しをまとめました。

ここに書いてある文だけで、メールの中心部分(伝えたい内容)以外は書けるので、使ってみてください。

宛名(敬称)

Dear Mr./Ms./Dr./Prof.〇〇,
〇〇様(相手の性別、学位、職位、名前がわかっているとき)

Dear Sir or Madam,
(名前がわからない場合)(性別がわかる場合はSirMadamのどちらかだけ)

To whom it may concern,
ご担当者様

書き出し

メールを打つ老人の手

書き出しは挨拶やメールを送った理由を書きます。英語のビジネスメールでは時候の挨拶を書くこともあまりないです。書いても悪くはないですが不要です。

ここでは比較的フォーマルなものをまとめましたが、親しい間柄であれば、HelloHow are you?などの挨拶から入っても構いません。

I am 〇〇 at △△ laboratory from XX university.
XX大学△△研究室の〇〇です。
(初めてメールを送るときの自己紹介はこの程度で大丈夫です)

I am contacting you because of my job-hunting.
I am writing this e-mail for my job-hunting.
今回、就活のため、メールをお送りしました。

It has been a long time since we met.
お久しぶりです。

It was a pleasure for me to work with your students.
あなたの教え子と一緒に仕事ができて光栄です。

Congratulations on receiving a prize.
受賞おめでとうございます。

I was delighted to hear that you got a job.
お仕事が見つかったそうで良かったです。

I am very disappointed to hear that you cannot come in our laboratory.
研究室に加われないと聞き、とても残念です。

I would be most grateful if you accept a student exchange program.
交換留学プログラムに参加してもらえると嬉しいです。

最後の一言

Please give my best regards to 〇〇.
〇〇によろしくお伝えください。

I look forward to seeing you at next conference.
次の学会でお会いできるのを楽しみにしております。

結びの言葉

日本語だと「敬具」、「草々」、「かしこ」に相当する言葉です。オフィシャルかどうか、親しいかどうかで書き分けます。

Sincerely yours, アメリカ式

Yours sincerely, イギリス式

(オフィシャルなメールの場合)

With best regrads,

With best wishes,

(親しい人へのメールの場合)

まとめ

実験器具、数字・グラフ、メールに関する英語をまとめました。これらのテーマの需要がそれほどないような気はしつつも、少しはあるはずなので、こういった内容で困っている人が周りにいたら、この記事を紹介してあげてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事