注目記事
ダイアクリティカルマーク

こう思っている方が多いと思いますが、母音a,i,u,e,oの上についている点とかのことです。こういう(ä ú î)文字です。日本語だと濁音、半濁音に相当します。

これらは普通に打っても出てこないので、入力が面倒くさいと思っているかもしれません。(日本語でも濁音、半濁音の記号だけ打とうと思っても、どうやったらいいかわかりません)

しかし、実は結構簡単な方法で入力することができるのです。

ここではmacでの、これらの文字の入力方法をご紹介します。

ダイアクリティカルマーク

言語的にどういったものかという説明はwikipediaをご覧ください。

ヨーロッパの大学の教授で使われます。ダイアクリティカルマークが名前に入った有名な教授だと、光反応のBurkhard König教授です(他の教授が思い浮かばない・・・)。

人の名前として出てくることが多い記号はアキュート(´)、グレイブ(`)、チルダ(˜)、ウムラウト(¨)、サーカムフレックス(ˆ)と呼ばれる5つですね。他もたまにありますが、この5つがメインです。

入力方法

macでは簡単に入力できます。例えば、アキュート(´)を入力する方法は以下のとおりです。

①option + eを押す(何も入力されない)
②続いて入力したい母音等を押す

これだけです。簡単ですよね。

①のeはアキュート(´)を入力するときのキーです。他の記号のときは、それぞれ以下のキーを押します。

グレイブ(`)→_(アンダーバー)
チルダ(˜)→n
ウムラウト(¨)→u
サーカムフレックス(ˆ)→i

この方法でWordでもChemDrawでもPowerPointでも、入力できるようになります。

ちなみにそれぞれの記号だけを入力したいときはShift + option + それぞれのキーです。(使うことはないと思いますが)

まとめ

日本人には馴染みがないので、なかなか難しいと思いますが、慣れてしまうと意外と簡単です。

windows版も近いうちに紹介しようと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事